生活/暮らし 騒音対策

賃貸退去時にフローリング補修費が出ることを防ぐ

投稿日:2021年5月3日 更新日:

賃貸で部屋を借りる場合、気をつけたいのは退去時にフローリングの補修費など、部屋に対する修繕費をせいきゅうされてしまうことです。本来、これらの費用は礼金含まれているものですが、あまりにひどい傷を付けてしまった場合などは追加で請求されることがあります。借りる側、貸す側は気持ちよく過ごせるように、入居時に少しの配慮をすることで、トラブルを防ぐことができます。例えば、ダイニングテーブルを使用する場合にはテーブルと椅子の脚にカバーを付ける方法があります。

100円均一などで販売されているので、敗れた場合は安価で付け替えることもできます。また、カーペットなどの大きい上敷きを敷くことでも防ぐことがきます。上敷きの場合は、定期的に掃除機をかけるなどして、ダニ、カビの発生をふせぐようにすること、冷蔵庫などの家電類の下には熱がこもるため、専用のシートなどを使用するようにしましょう。フローリングは傷つけてしまうと、補修にそれなりの費用がかかることになります。

大きな傷や汚れの場合は前面張替えになり、高額になることもあります。万が一傷つけてしまった場合は、価格を比較して良心的な業者にお願いするようにします。また、入居以前の傷についてもよく確認し、既に傷が付いている箇所があれば、間取りに印を付け、写真を撮って大家さんに先に連絡するようにしておけば、退去時にフローリング補修費などの請求へつながることはありません。入居後は先に書いたような工夫で部屋を大切に使うようにしましょう。

窓の騒音対策のことならこちら

-生活/暮らし, , 騒音対策
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

洋室に設定可能な西東京市の簡単なリフォーム

西東京市に建てられている住宅の中には、和室で作られている室内を有している住宅もあります。

割と手軽に頼めるフローリング補修

フローリング補修に関しては、割と手軽にお願いすることができます。

安全のためにキッチンリフォームをしましょう

キッチンは毎日使うものですので、使い勝手がいいいのが何よりです。

フローリングの傷は補修で綺麗になります

一戸建てや賃貸物件を借りていていると、どうしても色々な部分が汚れてしまいます。

リノベーションの注目度が高い理由

鉄筋コンクリート造で建築されるマンションは、現在の耐震基準で設計されていれば50年以上の耐久性を持つ経済効率の高い建物となります。