生活/暮らし 防寒

リノベーションのための中古物件の探し方

投稿日:2021年4月18日 更新日:

リノベーションは安く購入した中古物件で好みのプランを実現できるメリットがありますが、物件選びには難しさもありますので専門家の判断を必要とする場合があります。中古物件は一般に古いほど安くなりますが、安いからといって古過ぎる物件を購入すると実現できないプランも出てきます。マンションは管理規約によって守らなければならないルールが物件ごとに決められていますが、古い建物では騒音問題によりフローリングの床を許可していない場合があります。現在では音の響かない工法により一般的な仕上げ材となっていますが、そのような仕組みがなかった時代のマンションは許可されていない場合もあります。

マンションでは全ての居住者が同じ環境で生活することが基本ですから、管理規約に反する行為はできないのが普通です。またマンションで問題となるのは、電力量を上げられない点もあります。オール電化やスポット電化を計画しても、電力量を上げられずに実現できないケースもあります。耐震性能や耐久性の不足により、構造体の状態によってもリノベーションが向かないケースもありますので、素人の視点では分からないことが多いと言えます。

リノベーションは魅力的な方法ですが、物件選びに関しては慎重になる必要がありますので、専門家に相談するところからはじめるのが最適です。不動産業者の仲介担当者はリノベーションはおろか建築に関する知識を持たないのが普通ですから、設計事務所などの専門家に相談するのが最適です。

-生活/暮らし, , 防寒
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

フローリングを補修する必要性

現代人の生活を考える場合、畳よりもフローリングの方が良いと考える方が増えています。

フローリングの傷は補修で綺麗になります

一戸建てや賃貸物件を借りていていると、どうしても色々な部分が汚れてしまいます。

浴室リフォーム前にちょっとした知識を学ぼう

以前までの浴室は床や壁がタイルになっていることから、水捌けがよくなっていました。

浴室のリフォームは一気にやった方がお得

在来工法の浴室を長年利用していると、タイルのひび割れや目地のカビに悩まされる家庭が多いです。

UVフロアコーティングの特徴

フローリングの床は傷が入りやすく、水や洗剤などに弱いのでお手入れをしているとツヤがなくなってしまったりして劣化してしまいます。