生活/暮らし 視線対策

リノベーションのコスト計画

投稿日:2021年4月6日 更新日:

マンションのリノベーションではスケルトンから行う設計プランを選ぶのが一般的ですが、注文住宅のように自由な設計プランを実現できるメリットがあります。注文設計ですから自由にプランを計画できるように感じますが、できる部分とできない部分が必ず出てきます。マンションは専有部分と共用部分がありますので、共用部分に該当する箇所には手を付けることはできないのが基本です。リノベーションは自由設計ですからコストが高くなってしまいますが、新築よりは安く済ませられる点に魅力があります。

自由な選択が可能ですからコスト計画も自由ですが、コストをかけずに行う場合にはポイントを抑える必要があります。マンションは内部の間仕切り壁と構造体は切り離して設計されているため、木造住宅のように内部の柱の位置が問題となることはない構造となります。内部の間仕切りを減らし開放感のある大空間にすれば、材料費が掛かりませんのでコストを下げることが可能です。もちろん家族構成によってはプライバシーを確保する必要があるため大空間は難しい場合もあります。

費用のかかる部分は設備機器となりますので、必要最低限の機能と性能を持つグレードを選択することも大切です。設備機器はグレードによる価格差が大きいため、グレードの選択によりコストが大きく変わってしまいます。特に水回りの設備機器はその傾向が強いため、設備機器の選択がポイントになってきます。リノベーションでもコストを下げることは可能ですが、満足感とのバランスが重要です。

-生活/暮らし, , 視線対策
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

フローリングを補修する必要性

現代人の生活を考える場合、畳よりもフローリングの方が良いと考える方が増えています。

割と手軽に頼めるフローリング補修

フローリング補修に関しては、割と手軽にお願いすることができます。

西東京市!リフォーム!

西東京市に住んでいて、自宅のリフォームを考えている人もいるでしょう。

リノベーション費用の見極め方

リフォーム業者に悪質な業者が多いのは広く知られていますが、リノベーションでも同じことが言えますので悪質業者にだまされないように注意する必要があります。

賃貸退去時にフローリング補修費が出ることを防ぐ

賃貸で部屋を借りる場合、気をつけたいのは退去時にフローリングの補修費など、部屋に対する修繕費をせいきゅうされてしまうことです。