生活/暮らし 防熱

安全な入浴がかなうユニットバスへのリフォーム

投稿日:2021年3月15日 更新日:

ユニットバスは日常的なお手入れもしやすく、工期も短期間で済むなどたくさんの魅力があります。かつての画一的なイメージとは違って現在はデザインにも魅力的なものが増えており、どんなものを選ぼうかと迷う楽しみを味わうこともできます。毎日の入浴の時間は疲れた体をほぐすための極上のリラックスタイムなのですが、長く使っていればユニットバスのような掃除のしやすい設備であっても汚れが蓄積してきて毎日の掃除ではきれいに落としにくくなってくるものです。汚れが落ちにくくなったなと感じたらリフォームで新しいユニットバスに交換する絶好のタイミングなのかもしれません。

リフォームは時間も手間もかかり、不便な生活を長期間我慢しなければならないイメージがありますが、ユニットバスの取替えリフォームなら、通常は3日程度の工期で終了するものが中心です。そして、せっかくリフォームで新しいユニットバスにするなら設備機器についてもしっかり見直してみましょう。浴室は実はヒートショックによる事故が起こりやすい場所としてもよく知られています。特に家族にお年寄りのいる家庭では安全に入浴できるようにヒートショック対策や転倒防止対策を検討するのがおすすめです。

例えば現在人気の浴室暖房乾燥機なら急激な温度変化によって体がダメージを受けるリスクを減らすすことができます。ゆったりと寛いで一日の疲れを取り除くバスタイムを安全で快適なものにすることはとても大切なポイントです。

-生活/暮らし, , 防熱
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

東京での浴室リフォームは選択して追加もできます

今東京で浴室をリフォームする人が増えています。

西東京市で屋根のリフォームをする長所と短所とは

西東京市で屋根のリフォームをすると、生活が改善する、地域の人が見に来るなどの長所があります。

リフォームとリノベーションの相違点

建物を改修して綺麗にする方法は色々ありますが、一般にはリフォームを行うことが多いと言えます。

リノベーションのコスト計画

マンションのリノベーションではスケルトンから行う設計プランを選ぶのが一般的ですが、注文住宅のように自由な設計プランを実現できるメリットがあります。

賃貸退去時にフローリング補修費が出ることを防ぐ

賃貸で部屋を借りる場合、気をつけたいのは退去時にフローリングの補修費など、部屋に対する修繕費をせいきゅうされてしまうことです。