• 怪我予防に導入するスポーツサポーター選び

    スポーツサポーターは種類が豊富にあるから、スポーツの種類や怪我や故障しやすい部位などに合わせて選ぶ必要があります。

    膝や足首に肩や肘などは、ある程度市販されている製品からピッタリする形を選ぶことが可能です。

    でも腰まわりや大腿部の場合、競技によって筋肉の付き方で太さが異なり負荷のかかり方が違ってくるので、市販されている製品ではしっくりこない場合があります。長く競技を続けていくのであれば、できるだけスポーツサポーターをオーダーメイドしたほうが、怪我や故障の予防につながるでしょう。

    身近にメーカーがない場合には、オーダーメイドで作ることは難しいです。

    自身で採寸して製作を依頼する場合も測り方がよくないと失敗してしまうことがあります。

    スポーツサポーターに関する情報満載のサイトです。

    スポーツショップ等で、採寸サービスを実施している場合があるので相談を行ってみるのもよいでしょう。



    スポーツの団体等に加入したりジムで体を動かしたりする場合には、使用するアイテムを契約しているショップから購入していることも多いです。



    スポーツサポーターも取り扱っていることがあるので、トレーナーやコーチなどに確認しましょう。


    長く使用していると次第に劣化してきて、十分に体の動きを支えられなくなる場合があります。
    専門的なスポーツサポーターほど高額なため、いつまでも使いたくなります。

    しかし、ヨレヨレで適度な支えが無くなってしまっているものをいつまでも使い続けると怪我につながる可能性があるため、劣化が目立ってきたら新しいものと交換することが大事です。