生活/暮らし 騒音対策

賃貸退去時にフローリング補修費が出ることを防ぐ

投稿日:2021年5月3日 更新日:

賃貸で部屋を借りる場合、気をつけたいのは退去時にフローリングの補修費など、部屋に対する修繕費をせいきゅうされてしまうことです。本来、これらの費用は礼金含まれているものですが、あまりにひどい傷を付けてしまった場合などは追加で請求されることがあります。借りる側、貸す側は気持ちよく過ごせるように、入居時に少しの配慮をすることで、トラブルを防ぐことができます。例えば、ダイニングテーブルを使用する場合にはテーブルと椅子の脚にカバーを付ける方法があります。

100円均一などで販売されているので、敗れた場合は安価で付け替えることもできます。また、カーペットなどの大きい上敷きを敷くことでも防ぐことがきます。上敷きの場合は、定期的に掃除機をかけるなどして、ダニ、カビの発生をふせぐようにすること、冷蔵庫などの家電類の下には熱がこもるため、専用のシートなどを使用するようにしましょう。フローリングは傷つけてしまうと、補修にそれなりの費用がかかることになります。

大きな傷や汚れの場合は前面張替えになり、高額になることもあります。万が一傷つけてしまった場合は、価格を比較して良心的な業者にお願いするようにします。また、入居以前の傷についてもよく確認し、既に傷が付いている箇所があれば、間取りに印を付け、写真を撮って大家さんに先に連絡するようにしておけば、退去時にフローリング補修費などの請求へつながることはありません。入居後は先に書いたような工夫で部屋を大切に使うようにしましょう。

窓の騒音対策のことならこちら

-生活/暮らし, , 騒音対策
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

リフォームでユニットバスと一緒に摂りいれたい設備

毎日のお風呂タイムは一日の疲れをいやす大切な時間です。

東京の浴室リフォームはまとめて行なうのも人気です

東京の浴室リフォームで今増えている形が、水まわりのものをまとめてやってしまうものです。

フローリングを補修する必要性

現代人の生活を考える場合、畳よりもフローリングの方が良いと考える方が増えています。

リノベーション費用の見極め方

リフォーム業者に悪質な業者が多いのは広く知られていますが、リノベーションでも同じことが言えますので悪質業者にだまされないように注意する必要があります。

フロアコーティングと床暖房は相性が良いです

住宅においてフローリングはとても重要な地位を占めているもので、その美しさを保つための方法として様々な工夫が行われています。