生活/暮らし 騒音対策

西東京市でリフォームを行う際の注意点です

投稿日:2021年1月21日 更新日:

西東京市は、位置的には武蔵野台地の中央あたりにあります。多摩地域は水利の点では便が悪いと言われていますが、西東京市内には、石神井川、白子川、新川などの川が流れ、水利面での不便はさほどありません。西東京市では、旧石器時代から人が居住していたことが、遺跡の発掘調査から判明しています。2001年に、田無市と保谷市が合併して西東京市が発足いたしました。

合併成立時点では18万人弱の人口でしたが、現在では20万人を超えています。昼夜間人口比率を見ますと、0.782となっています。この数字は、東京23区や都市部25市の中では、非常に低い値となっています。つまり、オフィスや工場、学校の数が少なくて、反対に、住宅が多いということを意味しています。

居住用家屋が多いのですが、年月が経ってきますと、家のいろんな部位で劣化が生じてきます。そこで、西東京市ではリフォームを行う家が少なくありません。リフォームを実施するときは、業者からの企画案や見積もり書をもとに検討して、リフォーム会社が決めることとなります。その際、契約書を必ず交わすことを忘れてはいけません。

口約束で終わらせるのではなく、書面での契約を行うことが大切です。契約書類の種類としては、工事請負契約書、請負契約約款、設計図面、請負代金内訳書の4つがあります。契約書の内容のチェックのときは、金額の明細はもちろんですが、使用する設備機器の名称や部材の種類なども、カタログやネットでの情報などと照らし合わせながら、間違いがないことを確認しておくほうが安全です。

-生活/暮らし, , 騒音対策
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

西東京市のリフォーム業者選びに役立つポイント

ハウスメーカーや工務店のほかにも設計事務所や家具店、家電量販店など西東京市でリフォームを行っている業社の種類は様々です。

断熱を中心とした浴室リフォーム

壁がタイル張りの浴室を持った住宅では、冬場に浴室内の温度が下がってしまうことがあります。

キッチンリフォームで収納スペースを無駄なく活用する

キッチンにはどこの家庭でも沢山の調理器具などを抱えています。

浴室のリフォームは一気にやった方がお得

在来工法の浴室を長年利用していると、タイルのひび割れや目地のカビに悩まされる家庭が多いです。

キッチンリフォームは欲張らないで

キッチンリフォームは何かと問題が起きやすいので注意が必要です。