生活/暮らし 防熱

浴室のリフォームは一気にやった方がお得

投稿日:2020年12月24日 更新日:

在来工法の浴室を長年利用していると、タイルのひび割れや目地のカビに悩まされる家庭が多いです。このため、リフォーム時にはユニットバス化を検討することになります。ユニットバスであれば浴槽や天井、壁、床などを工場で事前に作り現地組立という形になるため、工期が短くなり銭湯通いの日数を減らせます。防水工事をしっかりと行うことでカビの発生や柱の傷みを防ぐことができ、乾きやすい素材を使うことでカビの防止につながります。

このため、解体してみないと分からない柱や壁の追加補修工事費用を考えても浴室リフォームを行う世帯が増えているのです。折角の浴室リフォームでは工事費もかさむことから、毎月の光熱費を軽減出来るように水回りも合わせてリフォームを行うケースがあります。プロパンガスで給湯を行っている場合、毎月の料金が高額になりがちです。このため、安価な都市ガスや年配世帯がバリアフリー化を同時に行う場合に人気なオール電化工事を合わせて行うことで、毎月の光熱費を削減してリフォーム代金の回収を図るという方法が人気です。

高齢者がいる家庭の浴室では、安全面に特に注意する必要があります。出入り口の段差を無くしたり、手すりの設置が検討されます。更に、転倒時に救出しやすいよう扉の幅を変更したり、ヒートショックを起こさないように浴室暖房を設置したりという工夫がされています。各々予算を必要とする工事のため、見積を複数の業者から取ることによりじっくりとプランを練ってからの工事契約をお勧めします。

-生活/暮らし, , 防熱
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

断熱を中心とした浴室リフォーム

壁がタイル張りの浴室を持った住宅では、冬場に浴室内の温度が下がってしまうことがあります。

洋室に設定可能な西東京市の簡単なリフォーム

西東京市に建てられている住宅の中には、和室で作られている室内を有している住宅もあります。

浴室リフォーム前にちょっとした知識を学ぼう

以前までの浴室は床や壁がタイルになっていることから、水捌けがよくなっていました。

東京では高機能品への浴室リフォームが増えています

東京で今浴室のリフォームをする人の特徴は、多機能で高性能の製品に交換することです。

フロアコーティングの種類と特徴

フロアコーティングとはフローリングの床を特殊な剤を使って床の表面にコーティングを施すことです。