対策 生活/暮らし

キッチンリフォームで収納スペースを無駄なく活用する

投稿日:2020年12月3日 更新日:

キッチンにはどこの家庭でも沢山の調理器具などを抱えています。特に四季のはっきりとした日本では、その季節になると出番の多くなる調理器具なども多く、その分収納スペースが必要で、キッチンリフォームの際に検討します。例えば冬場にはよく食卓に登場する土鍋やガスコンロですが、御飯を土鍋で炊くと言う人なら別ですが、夏の暑い時期に土鍋などを使う機会はそれほど多くはありません。夏によく活躍する涼しげな印象のそうめん鉢なども、冬の寒い季節にはあまり必要ありません。

その家庭の食卓事情にもよりますが、そしてそうしたものをどこにしまうか迷ったとき、普段あまり使うことがないからと言ってあまり高い位置にある戸棚にしまいこむのは、今度出すときに重くて出しにくいし、あまり高いところに収納すると、出し入れに危険を伴うことさえあります。そこで、キッチンリフォームを検討するときに活用したいのが引き出し式の収納です。かつてはシステムキッチンの収納といえばシンク下なども扉を開けてしゃがみこんで中のものを出し入れするのが一般的でした。現在のシステムキッチンは引き出し式で中のものを出し入れしやすく、中にしまってあるものを見渡しやすい便利な収納が主流です。

更に一番下の足元に近いスペースも引き出し式になっているものなら、土鍋などの重いものも簡単に収納することが出来て便利です。キッチンリフォームの際には是非取り入れて、スペースを無駄なく使えるようにしたいものです。窓の対策のことならこちら

-対策, 生活/暮らし,
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

リフォームとセットでフロアコーティング

自宅をリフォームすることになった時、本当に様々な希望をまとめて実現することが多いですが、その一つとしてフロアコーティングも検討しておきましょう。

妥協をしないキッチンリフォーム

長く暮らした家は愛着がわいていいものですが、経年の劣化や故障などで修理が必要になることがあります。

断熱を中心とした浴室リフォーム

壁がタイル張りの浴室を持った住宅では、冬場に浴室内の温度が下がってしまうことがあります。

リノベーションのコスト計画

マンションのリノベーションではスケルトンから行う設計プランを選ぶのが一般的ですが、注文住宅のように自由な設計プランを実現できるメリットがあります。

子供が喜ぶリフォームを西東京市で実現

子供も暮らしやすい住宅デザインに作り変えるために、西東京市でリフォームをしようかと計画している方々に、ロフト付きの住宅に作り変えてみる事をおすすめします。