リフォーム 生活/暮らし

大満足のキッチンリフォームにするために

投稿日:2020年11月30日 更新日:

キッチンリフォームを決めたら、のちのち後悔しないためにいくつかおさえておきたいポイントがあります。第一に、使い勝手。個々の機能性にこだわったり憧れのデザインを盛り込んだら、全体的に使い勝手が悪くなってしまった、というのはよくある失敗例です。たとえば、なんとなくおしゃれだと考えI型のキッチンからL型のキッチンに変更したお宅では、L型によりできたデッドスペースによって、かえって作業スペースが狭くなってしまいました。

ショールームなどにも足を運び、実際の使い勝手を試してみるのもいいかもしれません。第二に、将来のことを見込んだキッチンリフォームであること。ガスレンジやシンクを大きくした結果、冷蔵庫を置くスペースは現在使用している冷蔵庫にぴったりのスペースしか確保できなかった、というケースでは、冷蔵庫の買い替えがきかなくなる可能性も。冷蔵庫の寿命は10年ほどだと言われています。

ある程度フレキシブルに対応できる設計が好ましいと言えます。また、現在のライフスタイルだけに合わせたリフォームも考えものです。子供はいつか独立し、子供が成長した分だけ親は歳をとります。小さな子供がいる家庭でも、子供の独立後や自身の老後のことも見据えたリフォームであることが理想です。

最後に忘れがちなのが、全体的な住空間とのバランスです。キッチンというなかば独立した空間とはいえ、大切な我が家の一部。ダイニングルーム、リビングルームとのデザインや雰囲気のバランスを考えたキッチンリフォームをおすすめします。

-リフォーム, 生活/暮らし,
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

リフォームとリノベーションの相違点

建物を改修して綺麗にする方法は色々ありますが、一般にはリフォームを行うことが多いと言えます。

リノベーションを考える理由

リノベーションには魅力的な内容が多いですが、どんな理由で選んでいるのか気になるはずです。

フロアコーティングの種類別メリット

フロアコーティングにはいくつか種類があります。

西東京市!リフォーム!

西東京市に住んでいて、自宅のリフォームを考えている人もいるでしょう。

洋室に設定可能な西東京市の簡単なリフォーム

西東京市に建てられている住宅の中には、和室で作られている室内を有している住宅もあります。